二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは | オルニチン百科

MENU

二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは

二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは | オルニチン百科

 

お酒を飲んだ翌朝…嘔吐や頭痛・めまいなど辛い二日酔いに悩まされているあなた。
一刻も早くこの状態を解消すべく、汗をかいてアルコールを抜こうとランニングを決意。

 

…ちょっと待った!! 
その状態での運動は非常に危険!
むしろ、その辛い二日酔いが長引いてしまう可能性もありますよ!

 

運動でアルコールを早く排出できるのではないか

 

二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは | オルニチン百科

 

「吐き気」「頭痛」といったいや〜な二日酔い症状、一刻も早く改善させたいものですよね!

 

二日酔いの原因は「体内に残ったアルコール」なので、アルコールを素早く体外へ排出させる手段として「運動をして汗をたくさんかけば良いのでは?」と安易に考えている人も少なくありません。

 

確かに発汗を促すことによって体内のアルコール分は代謝されていくものですが、発汗するために「ウォーキング」「ランニング」を計画している人がいるとすれば要注意です!

 

なぜなら、肝臓がアルコールを分解している途中である「二日酔い」状態のときは体内の水分が積極的に使われているときなので、運動をすることで体内の水分不足を促進させて脱水症状を引き起こしてしまうケースがあるため。

 

アルコールを一刻も早く体外へ排出するためには、兎にも角にも「水分補給」をして体内の水分量を確保する必要があるといえるでしょう。

 

運動による発汗でさらなる代謝促進を図るのは「水分補給をしっかりと行った後」ということを覚えておきましょう!

 

二日酔い状態で運動は危険!その理由とは

 

二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは | オルニチン百科

 

先ほどもお伝えした通り、二日酔い状態での運動は体内の水分量を低下させて脱水症状を招く危険性があるためあまりおすすめできません。

 

水分補給を疎かにして運動による発汗を行った場合、血中のアルコール度数は急激に上昇し「二日酔いの悪化」「脱水症状の悪化」につながってしまいます。

 

それだけではなく、二日酔い状態で運動することによって「肝機能の低下」「解毒作用の低下」までもが引き起こされてしまうことから、お酒を飲んだ後の運動にはデメリットしかないといえるでしょう。

 

「二日酔い状態でも運動がしたい!」「運動をしなければいけない!」なんて場合は、水分を十分に補給しつつゆっくりとしたペースでの運動を心がけてください。

 

間違っても「長距離ダッシュ」「きつい筋トレ」などは行わないように!

 

二日酔いを早く解消する方法とは

 

二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは | オルニチン百科

 

「二日酔いを早く解消するためには運動するのが1番効果的!」と思っている人も決して少なくありませんが、やはり身体に負担がかかってしまうのも事実です。

 

そこでここでは「安全かつ効率的に二日酔いを改善させる方法」をご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

大量に水分を摂る

 

二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは | オルニチン百科

 

体内に入ったアルコールは肝臓の解毒作用によって分解・体外へと排出されるもので、解毒時には「たくさんの水分を必要とする」ということが確認されています。

 

このことから「体内の水分量が多ければ多いほど解毒作用が円滑に進む」とも考えられるので、しっかりと水分補給をしていきましょう!

 

二日酔い解消のために摂取してもらいたい水分は、なんといっても「お水」です。

 

緑茶やコーヒーなどで利尿作用を高めるのも良いのですが、利尿作用が高すぎても体内の水分量低下を招いてしまう恐れがあったり、胃腸に刺激を与えてしまう恐れも考えられます。

 

体内の水分量を効率良く高めることができ、尚且つ身体に優しい飲みものという観点からも「お水」を飲むのが最適といえるでしょう。

 

睡眠をしっかり摂る

 

二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは | オルニチン百科

 

睡眠をしっかりと取ることで二日酔いの原因となっている「有害物質の解毒」を促進させることができるということをご存知でしょうか?

 

寝ている間にも肝臓は休むことなく働いていて、アルコールを摂取したことによって発生してしまうアセトアルデヒドという有害物質を分解・体外へと排出してくれているんです。

 

質の良い睡眠を取ることは「睡眠中のアルコールの分解・代謝が進む」ということだけではなく、成長ホルモンの分泌を促進して飲酒によって痛んだ細胞の修復をサポートする効果も期待できます。

 

この成長ホルモンの十分な分泌があってこそ「解毒がスムーズに行われる」「二日酔い症状をカバーできるだけのエネルギーが生み出される」といったことにつながり、結果的に二日酔い症状の改善や予防に効果が期待できるというわけです!

 

また飲酒後の睡眠も非常に大切ですが、常日頃「質の良い睡眠を取ること」はそれ以上に重要なこととも考えられています。

 

なぜなら、睡眠不足の状態でお酒を飲むと「有害物質の解毒能力が衰える」ということが確認されているから。

 

  • 朝まで深酒をする
  • 寝不足なのにお酒を大量に飲む
  • 疲労感の蓄積を紛らわすかのようにお酒を飲む習慣がある

 

上記のような習慣に心当たりのある人は、きっと飲酒によって二日酔い症状を招いてしまいやすい体質だといえるでしょう。

 

まずは睡眠をしっかりと取り、有害物質の解毒作用が円滑に行われる体内環境を整えて行ってくださいね。

 

肝臓の機能を助けるオルニチンを摂る

 

二日酔い状態で運動は危険!その理由と早く解消する方法とは | オルニチン百科

 

二日酔い症状を発症させている原因は「アセトアルデヒド」という有害物質でした。

 

この有害物質は肝臓の解毒作用によって分解・体外へと排出されるため、肝臓の機能を高めることでアセトアルデヒドの解毒作用を促進させて二日酔い対策を図ることも十分に可能です。

 

では、いったいどのようにして肝機能を高めれば良いのかというと…「肝臓をできるだけ使わないようにすること」これに尽きます!

 

肝臓は「解毒」「代謝」「血液量の調整」「エネルギーの生成」など、実にたくさんの仕事を担っている臓器ということをご存知でしたでしょうか?

 

肝臓はこれらの仕事を一挙に引き受け、休む暇もなく動き続けている臓器です。

 

そして肝機能が低下する原因のひとつとして挙げられるのが、「肝臓の使い過ぎによって肝臓を形成している肝細胞に支障をきたしてしまうこと」だとされています。

 

つまり、「肝臓の仕事量が増えれば増えるだけ肝細胞は破壊されて肝機能は低下していく」ということなんです。

 

お酒を飲めば、それだけアルコールを解毒する仕事が増えることになるので「肝臓の負担増」となってしまうのはいうまでもありません。

 

ただでさえ様々な役割を担っている肝臓なので、肝機能を向上させるためには「肝臓の働きを最小限に減らして肝臓をゆっくりと休ませてあげる」ということが重要になってきます!

 

そこで役立つのが「オルニチン」という、アミノ酸の一種である成分◎

 

オルニチンには「有害物質の解毒促進作用」「肝機能向上作用」などがあるため、肝臓の仕事を一部担うことで肝臓の負担を軽減させることができるとされています。

 

その証拠に、オルニチンが効率良く摂取できるとして人気の高い「オルニチン配合サプリメント」の愛用者からは「疲労感が軽減された!」「肝臓の数値が正常になった!」「二日酔いになりにくくなった!」等の声がたくさん届いているのだそう!

 

オルニチンが豊富に含まれた食べものには「しじみ」「本しめじ」などといったものがありますが、食べものだけで十分な量のオルニチンを補給することは無理に等しいのが現状です…。

 

ぜひオルニチンがたっぷりと配合されたサプリメントを利用し、手軽にしっかりとオルニチンの摂取を可能にしてみてはいかがでしょうか?

 

きっと二日酔い対策に力を貸してくれるはずですよ!

 

>>おすすめオルニチンサプリはこちら!