オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

MENU

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

腎臓は何らかの異常が起きていても自覚症状が現れにくいことから「沈黙の臓器」とも呼ばれており、「腎臓が悪いことを健康診断(または人間ドック)で初めて知った」という方も多くいることでしょう。
そんな方に意識して摂り入れてほしい栄養素がオルニチン。
ここではオルニチンが腎臓に良いとされている理由や、オルニチンの効果的な摂取方法などをご紹介しています。

 

オルニチンが腎臓に良い理由とは

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

「オルニチンは肝臓に良い」として知られているアミノ酸成分ですが、実は肝臓に良いだけではなく「腎臓にも良い」ということをご存知でしたでしょうか?

 

さっそくオルニチンが腎臓に良い理由や、肝臓にどの様に働きかけてくれるのかを解説させていただきます。

 

腎臓のろ過機能をスムーズにする

通常、食品やサプリメントなどから摂取したオルニチンは腸で吸収された後に肝臓や腎臓へと運ばれて有害物質である「アンモニア」の解毒を促進させます。

 

しかし「肝機能の低下」「肝臓で解毒しきれない量のアンモニアが体内で発生」などという理由から肝臓のキャパを越えてしまった場合、肝臓が行うべきであった解毒処理を代わって腎臓が引き受けることに!

 

これではただでさえ「様々な役割を担っている」とされている腎臓の負担を増やしてしまいかねません。

 

腎臓の最も大切な働きである、老廃物や余分な水分を体外へ排出する仕組みのことを「ろ過」といいますが、実は腎臓の働きはろ過以外にも沢山あるのでほんの一部だけご紹介いたします。

 

  • ホルモンの産生、分泌
  • 体液量の調節
  • 血圧コントロール
  • ビタミンDの活性化
  • 脊髄で赤血球が作られる様に促す

 

これだけでも結構な仕事量ですよね!
しかし腎臓が行わなければならない仕事は上記以外にもまだまだたくさんあるんです。

 

そんな忙しい腎臓に、オルニチンが足りないことで解毒しきれなかったアンモニアの処理まで押しつけてしまっては、肝臓に負担をかけることになってしまうのです。

 

そこでアンモニアの解毒促進効果の高いオルニチンを摂取して、有害物質を肝臓できちんと解毒できるように促してあげることで腎臓の仕事量を減らすことにつながり、結果的に腎臓の最も大切な役目である「ろ過」の働きもスムーズに!

 

まとめると、オルニチンは肝機能を向上させることで腎臓の負担を軽減し、腎臓本来の働きを円滑に行えるように導くという効果が期待できるというわけなんです◎

 

クレアチニン値を下げ、腎臓の負担を減らす

クレアチニン値を一言で表すと「体内に含まれる老廃物の数値」といえるでしょう。

 

クレアチニンの数値が高いということは、それだけ血中や尿の中に老廃物が溜まっている恐れがあるということ。

 

体内の老廃物をろ過して体外へ排出させることが腎臓の大きな役目ですので、老廃物が溜まっていればいるほど腎臓の仕事量は増えて負担がかかってしまいかねません。

 

腎臓の負担が増えることによって懸念される「腎炎」といった慢性化しやすい病気や、人工透析が必要になってくる「腎不全」につながってしまう可能性も高まります!

 

これを予防するためには「腎臓に負担をかけない」ということが非常に大切になってくるので、オルニチンで肝機能をしっかりと高めて腎臓にかかる負担を軽減できるようにすることが効果的といえます。

 

余談ですが、腎臓は肝臓と共に「沈黙の臓器」といわれているほど自覚症状が出にくい臓器のため、知らず知らずの内に腎臓を傷め続けてしまいがちです。

 

むくみや血尿といった腎臓の自覚症状が現れる場合は、すでに病状が進行してしまっているケースも多く「末期的な症状になってから自覚症状が現れる」という場合も決して少なくありません。

 

「まだ若いから大丈夫!」「自覚症状がないから平気!」などと思わず、「疲労感が取れない」「身体が常にだるい」などという症状があれば早めに行動を起こすことをおすすめします!

 

腎臓を元気にするオルニチン摂取方法@食事

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

オルニチンは解毒作用を促進させて腎臓にかかる負担を軽減させてくれる心強い味方です。

 

ぜひオルニチンを積極的に摂取して、肝臓・腎臓の機能を向上させましょう!

 

ここではオルニチンを多く含む食品の紹介に合わせ、効率良くオルニチンを摂取できるおすすめの食事方法をご紹介させていただきます。

 

しじみ

しじみ100gに含まれているオルニチンは約20mgで、貝類の中では断トツNo.1です!

 

「飲んだ後はしじみの味噌汁」と昔からいわれているのは、しじみに含まれる豊富なオルニチンが肝機能を向上させて二日酔いの原因となる物質の代謝を促進させてくれるから。

 

しじみは貝類の中でも比較的「小ぶり」な貝であるため、酒蒸しや炒め物ではなく「味噌汁」として利用するのが最適でしょう。

 

オルニチンの生成を高める味噌と組み合わせることで、効果をさらに引き出すことにつながります!

 

生しじみを味噌汁に入れる場合は「水の中にしじみを入れて加熱する」「加熱しすぎない」というポイントを守れば、美味しく効率良くしじみ汁をいただくことができますよ。

 

また、しじみに関しては「冷凍保存」をすることによってしじみに含まれるオルニチンが8倍以上に増加するという結果も報告されています!

 

8倍ということは100gのしじみあたり約160mgものオルニチンが含まれている計算になるので、冷凍保存でもっと効率良くオルニチンを摂取しちゃいましょう。

 

本しじみ

本しめじ100g中には、なんとしじみの8倍・冷凍保存したしじみと同じくらいのオルニチンが含まれています。

 

しじみが貝類の中で断トツ1位なら、本しめじは「全ての食べ物の中で1位のオルニチン量を含む」といえるでしょう。

 

そんなオルニチンを豊富に含む本しめじですが、実はとても希少性が高く普通のスーパーにはほとんど流通していないのがデメリット。

 

希少価値が高いということはもちろん価格も沸騰するもので、なんと本しめじ100gで500円から物によっては2.000円近くするものまであるんだとか!

 

いくらオルニチン含量が豊富といっても、手に入らなければ食べることができませんね…。

 

天然の本しめじはきのこ特有の深い香と歯応えで、昔から多くの美食家達の舌を魅了し続けているんだそうです。

 

もし本しめじを手にする機会が訪れたなら、きのこの香り高さを存分に堪能できる「汁物」「焼物」なんかが最適なのではないでしょうか?

 

キハダマグロ

キハダマグロに含まれるオルニチン量は100g あたり約2〜7mgで、刺身10切れ程度の量です。

 

オルニチンは「熱に強く水に溶けやすい」という性質を持っているため、刺身で食べる他に焼く・蒸すといった調理方法でもしっかりとオルニチンを摂取することができるでしょう。

 

ただ、煮つけにする場合はオルニチンが煮汁に溶けだしてしまう恐れがあるため、汁気はできるだけ少なくして汁も一緒に飲み干すと良いですね◎

 

チーズ

手頃で身近な食品であるチーズからもオルニチンを摂取することが可能。

 

オルニチン含有量はチーズ100gあたり1〜8mgで、スライスチーズ5枚相当です。

 

チーズに含まれるオルニチン量はその他の食品と比べて際立つほど多くはありませんが、色々な料理にアレンジして加えやすいところが魅力的ですよね◎

 

「グラタン」「サンドイッチ」「パスタ」「おにぎり」など、チーズを上手く料理に組み合わせることで1日のオルニチン摂取量を地道にアップさせていきましょう!

 

腎臓を元気にするオルニチン摂取方法@サプリ

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

貝や野菜・魚や乳製品など、オルニチンを含む食材は案外たくさんありました。

 

しかし、残念なのは「食品に含まれるオルニチン量は微量」ということです

 

オルニチンの効果を実感してもらうためには「1日400mg〜1.000mg」程度のオルニチンを摂取する必要があるといわれているので、食品だけに頼っていては到底達成できないのが現実です。

 

そこでここでは、簡単に1日の理想的なオルニチン摂取量を取り入れることができる「おすすめオルニチンサプリメント」をご紹介いたします!

 

オルニチンサプリメントとは

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

オルニチンを効率良く摂取するならやっぱり「サプリメント」を利用するのが賢い方法です!

 

オルニチン配合のサプリメントは様々な種類のものが発売されていますが、中でもおすすめなのが「レバリズムーL」というサプリメント。

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

このサプリメントは静岡産のしじみエキス・岡山産の牡蠣エキス・千葉県産のスクワレン
を使用し、配合に1年半という年月を費やしたまさに「完璧」ともいえる自信作!

 

しじみに含まれるオルニチンパワーで腎機能を徹底的にサポートするだけではなく、海のミルクとも呼ばれている「牡蠣」は亜鉛の含有量が魚介類で断トツNo.1で様々な健康効果が期待される完全食!

 

また、深海性のアイザメ肝油に含まれているスクワレンは新陳代謝を高めて免疫力をUPさせてくれますよ。

 

この様にオルニチン+αの成分が豊富に配合されている「レバリズム-L」なら、腎機能の向上を求めると共に「疲労感の軽減」「免疫力UP」「ダイエット効果」「中性脂肪の排出促進」といったことにも働きかけてくれるでしょう。

 

今なら初回限定価格「980円(税込)」で試すことができるので、これからオルニチンサプリメントを飲み始めたいと考えている人に最適です!

 

>>レバリズムの詳細はこちら!

 

しじみエキス×牡蠣エキスで相乗効果!

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

実は、オルニチンサプリメントの中には「牡蠣エキス」が配合されているものを良く見かけます。

 

それは牡蠣の「亜鉛」「ミネラル」「ビタミンB群」といった豊富な栄養素がオルニチンと相性抜群とされているためです。

 

牡蠣には20種類のアミノ酸のうち、実に19種類ものアミノ酸を有しているため「完全食」と呼ばれているほど!

 

しかも牡蠣には「タウリン」という、肝機能を全体的に向上させて解毒やエネルギーの産生をサポートする成分がとても多く含まれていて、オルニチンと一緒に摂取することでさらなる肝機能の向上・さらには腎機能の向上をも見込むことができるんです◎

 

「レバリズム-L」にはそんな牡蠣のエキスがたっぷりと配合されているので、オルニチンとの相乗効果で健康的な肝臓・腎臓を手に入れることが可能といえるでしょう。

 

>>レバリズムの詳細はこちら!

 

腎臓を元気にするための生活スタイルとは

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

腎臓や肝臓の機能を向上させて解毒を促進させる効果が確認されているオルニチンではありますが、あくまでサプリメントは「食品」という扱い。

 

腎臓を元気にするためにはオルニチンの摂取と共に「食生活の見直し」「規則正しい生活習慣」が必要不可欠でしょう。

 

  • 塩分の取りすぎに注意する(男性は1日8g以下・女性は7g以下)
  • たんぱく質は適度に摂取する(摂取量については医師と相談をおすすめ)
  • 水分は1日に2L程度摂取する
  • 適度な運動を心がける
  • ストレス軽減に努め、十分な睡眠を取る
  • アルコールは適量、タバコはできるだけ禁煙を心がける

 

上記でご紹介した食生活はあくまでも腎機能を整えるためのひとつひとつにすぎませんが、できるだけ規則正しい食生活を心がけるだけでも腎臓の負担が軽減されて腎機能の向上につながっていきます。

 

中でも「減塩」はとても大切なので、意識的に食事の中に含まれている塩分を確認する癖を付けたいものですね。

 

オルニチンの効果は腎臓以外にも!

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

ここまでオルニチンの腎臓への効果や働きをご紹介させていただいてきましたが、実は腎機能を向上させるだけではなく他にも様々な効果が期待できることをご存知でしたでしょうか?

 

ここではオルニチンのオールマイティーな効果を少しだけご紹介させていただくことにしましょう。

 

二日酔いを防ぐ・予防する

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

オルニチンが腎臓の負担を減らすことができるのは、まず初めに「肝機能を向上させる」ことができるからでしたよね!

 

ということは、オルニチンは腎臓だけではなく肝臓にも良い働きをしてくれることになります。

 

肝臓の主な働きである「有害物質の解毒」「エネルギー産生」は、あることが原因で円滑に行われなくなってしまいます。

 

その原因とは…「飲酒」!

 

飲酒することによって体内に発生した有害物質を、オルニチンは迅速に体外へと排出させてくれます。

 

そのためオルニチンを摂取してから飲酒をすると「二日酔いになりづらい」という声が多く聞かれ、また飲酒後に摂取することで「二日酔いを軽減させる」ともいわれています。

 

二日酔いになってしまうと多くの場合は「きつい口臭」「体臭」が発生しやすくなるので、女性のエチケットとしてそれだけは避けたいもの。
日本人の多くはアルコールの代謝能力が低いとされているので、よくお酒を飲む方は特に意識してオルニチンを摂取する様にしましょう!

 

睡眠の質を高める

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

オルニチンのマルチな効果は「睡眠の質を高める」ことも分かっています。

 

  • なかなか寝付けない
  • 頻繁に目が覚める
  • 熟睡できない
  • 寝ても疲れが取れない

 

などといったいわゆる「睡眠障害」は、ストレスや疲労感の蓄積によっても招かれやすいもの。

 

オルニチンは解毒作用を促進させて身体に必要なエネルギーの産生能力を高めてくれることから、蓄積された疲労の改善やストレス軽減にも効果が報告されています。

 

疲労感が軽くなり、前向きに生活ができる様になることで上記の様な睡眠障害が改善されたケースも多く、オルニチンの効果は睡眠の質を高めることにつながるといえるでしょう。

 

筋力アップ、ダイエット効果

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

オルニチンを摂取することによる嬉しい効果はなにも健康面だけの話ではありません!

 

オルニチンは「成長ホルモン」の分泌を促進させる働きがあり、成長ホルモンの作用である「たんぱく質の合成を助ける」「脂肪を燃焼しやすくなる」といった作用が筋力アップやダイエットにも効果的と考えられています。

 

オルニチンサプリメントを愛用している人の中には「なにもしていないのに筋肉質になった!」「痩せた!」「汗をかきやすくなった!」といった筋力アップ・新陳代謝アップを匂わせる口コミも多く、オルニチンの効果を裏付けています。

 

美容・美肌効果

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

最後にご紹介するオルニチンの効果は「美肌」です。

 

女性にとってはなによりも嬉しいこの美肌効果ですが、実はオルニチンの高い解毒作用が美肌に一役買っているんです!

 

そもそも解毒が円滑に行われないと体内にアンモニアが溜まり「疲労やストレスの蓄積」を引き起こしてしまうだけではなく、代謝機能をも低下させてしまいます。

 

代謝機能が低下してしまうことでお肌に必要な栄養素が送り届けられなくなり、結果的にお肌がボロボロになってしまいやすいのです。

 

「昨日飲みすぎたから、お肌の調子が悪いなぁ…。」
「最近疲れが溜まっていて、肌荒れが気になるなぁ…。」

 

という経験、きっと誰にでもあるものではないでしょうか?

 

これは体内で解毒されずに溜まっていったアンモニアや摂取したアルコールが原因となって、肝機能が低下したことが原因と考えられます。

 

解毒を促進させ、肝機能をサポートしてくれるオルニチンなら「疲労や飲酒によって引き起こされる肌荒れ」にきっと大きな働きかけをしてくれるはず!

 

実際にオルニチンが美肌にどの様に影響しているのかを実験した団体からは、オルニチンを摂取した方の人にだけ「乾燥肌が改善された」「肌のツヤ・ハリがアップした」という結果が報告されているほど。

 

「各臓器に必要な栄養素を送り届ける」という肝機能の向上が図れれば、食品やサプリメントから摂取したビタミン・コラーゲンなどといった美容に嬉しい成分もしっかりとお肌に行き届けられることでしょう。

 

「美容効果のあるサプリメントを飲んでいるけど、なかなか効果が実感できない…」なんて方は、もしかすると代謝機能の低下によって摂取した栄養素がお肌に届けられていないことが原因かもしれませんよ!

 

オルニチンで腎臓機能を高めよう!

 

オルニチンは腎臓に効果あり?理想的な2つの摂取方法とは | オルニチン百科

 

いかがでしたでしょうか?

 

オルニチンを摂取して肝機能を向上させることこそ、腎臓の負担を軽減して様々な病気を予防する手立てなのです。

 

ぜひオルニチンを積極的に摂取して、元気な腎臓といつまでも若々しい容姿を維持させていこうではありませんか!

 

 

>>おすすめオルニチンサプリはこちら!