オルニチンの過剰摂取はどのくらい?目安量と副作用の危険性とは | オルニチン百科

MENU

オルニチンの過剰摂取はどのくらい?目安量と副作用の危険性とは | オルニチン百科

オルニチンの過剰摂取はどのくらい?目安量と副作用の危険性とは | オルニチン百科

 

しじみで有名なオルニチンですが、その過剰摂取量がどれくらいかをご存知ですか?

 

今は食べ物だけではなく、手軽なサプリメントでも十分な量のオルニチンを摂取できてしまうので、注意が必要です。
また、たくさんの量を摂るとなれば副作用も心配ですよね…

 

ここではオルニチンによる過剰摂取や副作用についてお伝えします。

 

オルニチンは何グラムから過剰摂取になる?

 

オルニチンの過剰摂取はどのくらい?目安量と副作用の危険性とは | オルニチン百科

 

オルニチンは「遊離アミノ酸」というアミノ酸の一種で、身体の中に蓄積されないという性質を持ち合わせている成分です。

 

しかし、いくら「身体の中に蓄積されない成分」だとしても過剰摂取による副作用や人体への影響が気になってしまうものではありませんか?

 

一般的にオルニチンは「1日あたり400mg〜1.000mg」が適量だといわれてはいるものの、実際に行われたオルニチンの効果実験においては「1日1.000mg〜2.000mg以上」のオルニチンを摂取していることも決して珍しいことではありません。

 

「○○グラムから過剰摂取になる」という正確な数字は個人の体質や体調・アレルギーの有無などによって変わってくるものですが、様々な実験結果の数字から考えると「1日4.800mg」以上のオルニチン摂取は過剰摂取となってしまう場合も考えられますよ!

 

オルニチンの目安量は?

 

オルニチンの過剰摂取はどのくらい?目安量と副作用の危険性とは | オルニチン百科

 

先ほどもお伝えした様に、オルニチンの目安摂取量は「1日あたり400mg〜1.000mg」とされています。

 

しかし、オルニチンを摂取する目的によっても理想的なオルニチン量は違ってくるものなんです!

 

  • 疲労回復や美容目的なら1日400mg
  • 二日酔い対策なら1日1.600mg
  • 運動による疲労軽減目的なら1日2.000mg
  • 疲労臭軽減目的なら1日2.400mg

 

この様に、オルニチンに「何を求めるのか?」によって理想的な摂取量は微妙に違ってきます。

 

もちろんここでご紹介したオルニチンの目安量は誰にでも当てはまるものではなく、体調や体質によって差が出てきて当たり前。

 

まずは上記のオルニチン摂取量を目安にしてしばらく摂取を続け、あまり効果が感じられないと思うなら少しづつ量を調整したり、サプリメントの飲用タイミングを変えてみるといった工夫をしてみましょう◎

 

オルニチンを過剰摂取すると副作用が起こる?

 

オルニチンの過剰摂取はどのくらい?目安量と副作用の危険性とは | オルニチン百科

 

オルニチンサプリメントの摂取を考えている人にとって「オルニチンで副作用が起きるのか?」という問題は、非常に気になることのひとつだと思います。

 

体内に蓄積しない性質を持つオルニチンは、少しくらいの過剰摂取であれば「尿などと共に体外へ排出される」ことがほとんどで、重篤な副作用につながるという報告は今のところありません。

 

ただ「1日10g」のオルニチンを摂取した人に、下痢や胃痛といった症状が表れたことは報告されています。

 

このことから、オルニチンの過剰摂取で重篤な副作用反応は起こりにくいものの「軽度の消化器官系炎症」は引き起こされるといっても過言ではありません。

 

摂取量に気を付け、安心安全にオルニチンの恩恵を受けられる様に気を付けていきましょう◎

 

オルニチンは過剰摂取に気をつけよう!

 

オルニチンの過剰摂取はどのくらい?目安量と副作用の危険性とは | オルニチン百科

 

オルニチンの過剰摂取によって死に至るような副作用は確認されてはいないものの、やはり「ほどほどに」という言葉通りの摂取方法がおすすめです!

 

アレルギー体質・妊婦・授乳中・薬を服用中といった方は独断でオルニチンの使用を判断してしまわず、できればかかりつけ医に相談してからの飲用を心がけてくださいね!

 

過剰摂取に気を付けてしっかりとオルニチンの飲用を続ければ、きっと皆さんの生活をもっともっと素晴らしいものに変えていってくれるはずです!

 

 

>>おすすめオルニチンサプリはこちら!