酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

MENU

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

お酒の席は社会人になると途端に多くなりますが、そのような場でなるべく酔わないようにするには、選ぶお酒の種類や飲み方に工夫してみましょう。

 

  • お酒が弱い体質なので、酔いにくいお酒を飲むようしたい
  • お酒の席をもっと楽しめるようになりたい
  • 飲み会をうまくやり抜きたい

 

これらに当てはまる方はぜひ参考になさってくださいね。

 

酔いにくいお酒とは

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

「お酒の種類によって酔いやすい・酔いにくいがあるの?」と驚いた人も多いと思いますが、実は選ぶお酒によって酔いが回るスピードや二日酔い症状に歴然の差が出ることが分かっています!

 

お酒が弱い人にとっては特に、頭痛や吐き気などの二日酔い症状はできるだけ避けたいもの。

 

楽しくお酒を飲むためにも、ここでご紹介する「酔いにくいお酒」を積極的にチョイスして賢く飲み会の場を切り抜けましょう♪

 

蒸留酒でアルコール度数が高いもの

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

お酒に酔いにくいのは「蒸留酒でアルコール度数が高いもの」といわれていますが、まずは「蒸留酒」や「醸造酒」についてのご説明からさせていただきましょう。

 

蒸留酒とは醸造酒を沸騰させ、アルコール分を高めつつ不純物を取り除いたお酒です。

 

酔いやすい・二日酔いになりやすいといったお酒の多くには「不純物」が大量に含まれているものなので、不純物が少ない蒸留酒の方がより酔いにくいといえるでしょう。

 

醸造酒にはアセトン・フーゼル油・タンニンといった不純物が多く含まれていて、それらが二日酔いの症状を招くと考えられていますよ。

 

ここで、簡単に蒸留酒と醸造酒の代表的な種類をご紹介させていただきます。

 

【蒸留酒=酔いにくい】
ウォッカ
ジン
ラム
焼酎
泡盛

 

【醸造酒=酔いやすい】
ワイン
日本酒
ビール
ウィスキー
ブランデー
テキーラ

 

「色の濃いお酒は醸造酒」「色の薄いお酒は蒸留酒」であることが多いので、色の違いで覚えておくと良いですね◎

 

ちなみに、ウィスキーやブランデー・ワインといった種類のお酒には「メタノール」という分解に時間のかかる成分が含まれているので、通常のアルコールと比較すると身体に長く留まってしまうため酔いが回りやすいでしょう。

 

「翌朝もお酒が残ってしまう」「二日酔いの症状が長引く」なんてお悩みの人は、上記のメタノールが含まれる果実酒の摂取を控えるようにしてみてください。

 

さらにいうと、酔いにくいとされている蒸留酒であっても「安物の蒸留酒」には多くの不純物が混ざってしまっているもの。

 

不純物を取り除く作業はとても難しく、それを徹底するとなるとある程度のコストがかかってしまうので、売り値も当然高騰しますよね!

 

お酒の値段は「酔いにくいお酒かどうか?」を判断するための重要なバロメーターになるため、できるだけ「高い蒸留酒」を飲むように心がけてみましょう◎

 

  • ラムコーク
  • ジントニック
  • ウォッカトニック
  • 酎ハイ

 

といった蒸留酒が使用されたカクテルやお酒をゆっくりと飲めば、ワインやビールを飲むよりも断然酔いが回りずらいといえますよ!

 

グレープフルーツやオレンジが入っているもの

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

グレープフルーツやオレンジには「クエン酸」という酸味を感じさせる成分が入っているのですが、このクエン酸は肝臓の機能を高めてアルコールによって発生する有害物質の解毒を促進させる働きが確認されています。

 

  • スクリュードライバー(オレンジ+ウォッカ)
  • グレープフルーツ酎ハイ

 

など、上記でご紹介した「酔いにくいお酒」を使用したカクテルなんかがおすすめですよ♪

 

クエン酸が豊富に含まれているフルーツが入ったお酒なら、ほろ酔い気分を楽しみつつ同時に「アルコールの分解促進効果」も期待できるでしょう。

 

クエン酸の力を最大限に高めるため、できるだけ「生のフルーツ果汁」が使用されているお酒を選ぶようにしてください◎

 

酔いにくいお酒の飲み方とは

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

「お酒の席を楽しみたい!」「できるだけ酔いたくない!」なんて人にここでご紹介するのは、酔いにくいお酒の飲み方や簡単にできる裏技です♪

 

この方法を知っているか知らないかでは、天と地の差をも生じてしまうといっても決して過言ではありません!

 

水(チェイサー)を飲む

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

お酒を飲むとき、皆さんはどのように飲んでいますか?

 

  • ひたすらお酒だけ飲み続けている
  • おつまみや食べ物はほとんど食べない

 

という人は、高い確率で酔いが回ってしまいやすい飲み方をしているといえるでしょう。

 

できるだけ酔いたくないのなら、お酒を飲みながら「お水」をチェイサーとして飲むのが効果的◎

 

お酒を飲みながら一緒にお水も飲むことで、自然と摂取してしまうアルコール量を減らすことができます!

 

また、お水を飲むことで体内の水分量が十分に確保されると「アルコールの分解を促進する」「有害物質の解毒を促す」ことにもつながり、結果的に酔いが回りにくくなるというわけ。

 

悪酔いを防ぐおつまみを食べる

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

おつまみで賢く酔い対策ができるなら、ぜひお酒のお供に注文したいところですよね!

 

悪酔いを防ぐために重要なことは「アルコールの吸収スピードや量を落とすこと」なので、胃粘膜に膜を張ってアルコールの吸収を抑制させる効果が期待できる「チーズ」が最適なおつまみではないでしょうか。

 

その他にもアルコールの分解スピードを促進させる「梅干し」「昆布」、肝機能の向上を図ってアルコールの解毒を促進させる「しじみや牡蠣・海老・たこなどの魚介類」、アルコールの代謝過程で失われるビタミンやミネラルを豊富に含んだ「野菜スティック・フルーツ盛り」なども優秀な酔い対策のおつまみです◎

 

また、ビールのおつまみとしても定着している「枝豆」には肝機能をサポートする良質なたんぱく質が豊富に含まれていることから、積極的にチョイスしてもらいたいおつまみのひとつといえます。

 

ちゃんぽんNG!同じお酒を飲み続ける

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

「ビールの次は焼酎、その後はカクテルにワインに日本酒に…」なんて飲み方をしてしまう人は、同じお酒をずっと飲み続ける人よりも酔ってしまいやすい傾向にあります。

 

本来、ちゃんぽんをしたとしても適量内のアルコール摂取であれば酔いが急に回ったり、二日酔いになってしまうことはありません。

 

ではなぜ「ちゃんぽんをすると酔いやすい」といわれるようになったのでしょうか?

 

それは次々とお酒の味を変えていくことで「美味しい!」と新たに感じる機会が増え、飲むピッチが速くなったりついつい飲みすぎてしまったりすることが原因とされています。

 

お酒好きの人にとっては「色々な種類のお酒を楽しみたい!」と思う気持ちを抑えることは大変でしょうが、思いがけずお酒がすすみすぎてしまわないためにも「同じお酒を最後まで飲み続ける」という対策も視野に入れてみることをおすすめします。

 

トイレを我慢しない

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

飲み会の席では話に夢中になってしまうあまり「トイレを我慢してしまう癖がついている」「トイレに行くタイミングがつかめない」なんて人も少なくありません。

 

しかし体内では摂取されたアルコール分が分解され、尿と一緒に体外へ排出されるために尿意を感じる仕組みになっているものです。

 

トイレの回数が多ければ多いほど体内では円滑にアルコール分解作業が行われているといっても過言ではないので、トイレに行きたくなった瞬間に立ち上がる癖をつけていきましょう。

 

そうすることでさらにアルコール分解作業は進み、どんどん酔いにくくなっていくはずです◎

 

飲む量をあらかじめ決めておく

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

「今日はビール3杯まで」「カクテル5杯超えた後はソフトドリンクで」など、飲み始める前に飲む量をあらかじめ決めておくことで飲みすぎ防止につながります。

 

なにも考えずにただ飲むのと、その日の飲酒量の目安を決めておくのとでは自分の気持ち的にもかなりの差がでてきてしまうものでは?

 

たとえ決めた飲酒量を守ることができなくても、目標があるだけで「この辺でやめておこう!」と理性が働きやすくなる場合も。

 

お酒を飲む前に酔い予防しよう

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

これから年末にかけて、「今夜はとことん飲む予定!」という日も1度や2度出てくるのではないでしょうか?

 

ここでご紹介する対策は「お酒を飲む前」に行うことによって、アルコールの吸収を抑制する効果が期待できるものばかり。

 

ぜひ飲み会の前には酔い対策をして、楽しいお酒の席にしましょう!

 

乳製品を食べる(飲む)

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

牛乳やヨーグルトといった乳製品は胃の中で膜を張り、アルコールの吸収率を低くしてくれる効果が期待できます。

 

アルコールは胃で20%・小腸で80%が吸収されるので、乳製品の幕張り効果で少しでもアルコールの吸収抑制対策を心がけるのがおすすめです!

 

クエン酸系のドリンクを飲む

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

クエン酸系のドリンクの特徴は「酸っぱい」ところでしょうか。

 

というのもクエン酸は「梅干し」「レモン」「グレープフルーツ」といった、酸っぱい食べものに多く含まれている成分だから!

 

この酸っぱい成分は「肝機能を向上させる」「胃腸の粘膜を保護する」という働きがあり、肝機能を高めることでアルコールの分解を促進させたり胃や腸から吸収されるアルコール分を抑制する効果が期待できます◎

 

このクエン酸系ドリンクは飲酒前に飲んでも二日酔い対策としてバッチリ力を発揮してくれるものですが、飲酒中や飲酒後にも積極的に摂取することでアルコールの分解促進効果や二日酔い症状の緩和にも役立ってくれるでしょう。

 

「クエン酸配合ドリンク」「グレープフルーツジュース」はもちろん、市販のクエン酸を水に溶かして作る「クエン酸水」でも十分な効果が期待できるといわれています。

 

ただクエン酸には「胃や腸の粘膜に刺激を与える」という特徴があるので、消化器官系内膜が荒れている・炎症を起こしている人は摂取に気をつけてください!

 

ウコンを摂取する

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

「ウコンが二日酔い対策に効果的」ということはなんとなく分かってはいても、なかなか飲むタイミングまで明確に理解している人は少ないのでは?

 

実は「ウコンを飲むタイミングによって期待できる効果は微妙に異なる」ということが、様々なウコン愛用者の体験談などによって分かってきました。

 

ウコンを「飲酒前」に飲むことで期待できる効果はなんといっても「肝機能向上作用」でしょう。

 

ウコンに含まれる「クルクミン」という物質が肝臓に直接働きかけ、アルコールを摂取したことによって発生する有害物質の解毒や代謝を活性化させてくれます。

 

ではウコンを「飲酒後」に摂取した場合、二日酔い対策に全く効果が期待できないかといえば決してそんなことはありません!

 

ウコンには「胃腸の調子を整える」という働きがあるため、飲酒習慣によって慢性的に弱ってしまった胃腸を優しくいたわり、胃腸を元気にしてくれる効果が期待できます。

 

  • 二日酔い対策としては「飲酒前」
  • 飲酒による胃腸の負担を軽減させるためには「飲酒後」

 

など、自分の目的に合った飲用タイミングを見つけてみるのも面白いかもしれませんね◎

 

空腹を避ける

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

「すきっ腹のお酒は酔いやすい」なんて言葉を聞いたことはありませんか?

 

これはただの迷信ではなく、そういわれるようになった理由がきちんと存在しています。

 

まず空腹状態のときというのは「胃の中がほとんど空っぽ」な状態で、そこへアルコールを流し入れれば入れた分だけ胃や腸はアルコールを吸収してしまいます。

 

食べものと一緒にアルコールを摂取した場合、吸収されるのはアルコール分だけではなく料理に含まれる栄養素も同時に吸収されることになるので、アルコー分の吸収スピードは空腹時に比べると低下するもの。

 

また空腹時にお酒を飲むと、胃の中に消化する食べ物がないのでアルコールは胃を通り過ぎてほとんどが小腸へ流れ込みます。

 

小腸で吸収されるアルコールは全体の80%をも占めるので、飲んだアルコールの多くが身体に吸収されてしまうというわけ!

 

とこのような具合で、空腹時にお酒を飲むことでアルコールの吸収スピードや量が増えた結果、酔いにつながっていきます。

 

賢く酔い対策をしようと思えば、空腹時の飲酒は避けて「食後」「食事と一緒」のアルコール摂取を心がけてください!

 

お酒を飲んだ後の酔い対策

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

「こんなに飲むはずじゃなかった…」「飲みすぎてしまった…」なんて経験、きっと誰にでも1度はあるものですよね!

 

ここでは思いがけずお酒を飲みすぎてしまった後にできる「酔い対策」「二日酔い対策」をご紹介いたします。

 

水分をたくさん摂る

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

アルコールが体内に入ると、肝臓でアルコール分が分解されて体外へと排出されます。

 

その過程で大量に使用されるのが「体内の水分」なんです!

 

したがって体内の水分量が不足しているとアルコールの分解が円滑に進まず、分解されるはずだったアルコールが体内に残って二日酔い症状を発生させてしまいます。

 

お酒を飲みながらお水を摂取することも効果的ですが、お酒を飲み終わった後もアルコールの分解が円滑に行われるように水分補給を意識的にしていきましょう◎

 

また、水分補給に適している水分は胃腸への負担が少なく体内への吸収率が高い「お水」です。

 

間違っても「糖分のたくさん入った飲料水」「炭酸飲料」などで水分補給を行わないように注意してくださいね!

 

運動NG!睡眠を十分に取る

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

肝機能の低下やお酒の飲みすぎなどの理由からアルコール分の分解が間に合わず、体内に残留した有害物質が二日酔い症状をもたらす真犯人!

 

その有害物質をいち早く体外へ排出するためには「運動をして汗と共に流し出す」という方法が有効と思っている人も少なくありません。

 

しかし、アルコールが体内に残っている状態で運動するのは非常に危険な行為なんです!

 

その理由は、アルコールを分解する際に使用される「体内の水分」が大きく関係してくるといわれています。

 

「アルコールが分解される過程では体内の水分が大量に使われる」と先ほどもお伝えさせていただきましたが、そのような状態で運動・発汗をすると体内の水分状態はどんどん低下してしまい、最悪の場合脱水症状をも引き起こしてしまいかねません!

 

確かに運動をして発汗を促すことは体内の毒素を迅速に排出することに一役買っている場合もありますが、アルコールが体内に残っている場合は例外です。

 

もしもアルコールが残っている状態であるにも関わらず「運動をしなければならない!」なんて場合、十分に水分補給をしたうえでゆっくりと身体を動かし脱水症状に気をつけてください。

 

また、十分な睡眠を取ることは「アルコールの分解速度を促進させる」ということにつながるといわれています。

 

お酒を飲みすぎてしまったときはどうしても睡眠が浅くなってしまいがちですが、できるだけ質の良い睡眠を取れるように「部屋を真っ暗にして眠る」「二日酔いに効くとされるアロマオイルを使用する」などして寝室の環境を整えることも重要です。

 

お酒が強い人と弱い人の差

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

お酒を楽しんでいる人の中には、確かに「酔いにくい人」「酔いやすい人」が存在しています。

 

「ワインボトル1本飲んでもけろっとしている人」と「2・3口で酔っぱらってしまう人」の間には、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

 

一般的にお酒が強いといわれる人の多くは「肝臓でアルコールの分解がスムーズに行われる」という特徴を持っていて、反対にお酒が弱い人というのは「肝臓でのアルコール分解が進みにくい」という特徴を持っているものです。

 

肝臓では酵素によってアルコールが分解されているわけですが、遺伝などの体質によっては「アルコールを分解するために酵素が積極的に使われるタイプ」「全く使用されないタイプ」など様々です。

 

よく「お酒を飲めば強くなる!」なんていわれたりもしますが、アルコールを分解できるかできないかという体質は生まれながらに決まっているので、お酒に弱い人がお酒を飲み続ければ強くなるという根拠はありません!

 

ましてや日本人は欧米人などに比べて「アルコールを分解する酵素量が少ない」といわれている人種なので、無理なアルコール摂取は控えましょう。

 

二日酔い予防は日々の肝臓ケアで!

 

酔いにくいお酒って何?種類や飲み方、飲み会をうまくやり抜く方法 | オルニチン百科

 

いかがでしたでしょうか?

 

飲むお酒の種類や食べるおつまみを少し工夫することで酔いにくくなるのですから、試さないわけにはいきませんよね。

 

アルコール分を分解して素早く体外へ排出するためには、なんといっても「肝臓が正常に機能すること」が不可欠です。

 

お酒を飲む前に限らず年齢と共に衰えてくる肝機能アップのためにも、日常的にオルニチンサプリメントで肝臓ケアを始められることをおすすめいたします◎

 

 

>>おすすめオルニチンサプリはこちら!