オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

MENU

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

オルニチンは二日酔いや疲労回復に効果があることで有名ですが、実は「成長ホルモン」と呼ばれる体のエネルギーの分泌を促進させる役割も果たしてくれます。

 

ここではオルニチンの効果、成長ホルモン分泌促進による具合的な体への影響を解説しています。

 

オルニチンで成長ホルモンの分泌が促進されるメカニズムとは

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

「オルニチンを摂取することによって成長ホルモンの分泌が促進される」という話は、これからオルニチンの摂取を考えている方は既に聞いたことのあるフレーズなのではないでしょうか?

 

そもそも成長ホルモンとは脳下垂体前葉から分泌されているホルモンで、「骨を発達させる」「たんぱく質同化作用を促して身体を成長させる」という働きがあります。

 

この成長ホルモンが最も多く分泌される時期は人によっても異なりますが、だいたい13歳〜17歳頃に分泌量が最高潮を迎え、その後はだんだんと分泌量が低下していきます。

 

その証拠に、成長ホルモンの分泌が盛んな時期は「背が伸びやすい」「代謝が良い」「疲れにくい」という特徴が見られますが、成長ホルモンの分泌が低下することで基礎代謝は低下して疲れやすくなり、急に「老い」を感じてしまうなんてケースも少なくありません。

 

また成長ホルモンには上記の様な働きの他にも「代謝を促進させる」「傷ついた細胞を修復する」「毛髪促進」「脂肪分の分解」など、実に様々な働きや作用が確認されています。

 

成長ホルモンの分泌量は歳と共に低下していくものですが、成長ホルモン分泌促進作用のあるオルニチンを積極的に摂取していくことで成長ホルモンの分泌低下対策をすることができます。

 

加齢と共に成長ホルモン量が低下してしまうことはもはや避けられないことなので、ぜひ成長ホルモン分泌促進作用のあるオルニチンを摂取してみて欲しいと思います!

 

オルニチンで成長ホルモンが活発化した時に考えられるメリット

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

成長ホルモンの分泌を促進させる働きを持つオルニチンは「成長ホルモン誘導体」なんて呼ばれていますが、一体私たちの身体にどの様な影響を与えてくれるのでしょうか?

 

ここでは成長ホルモンが活性化した時に考えられるメリットをいくつかご紹介させていただきます。

 

身長が伸びる

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

まず、成長ホルモンの分泌が盛んになることで期待できる効果は「身長が伸びる」ということです。

 

20代や30代になってから身長が伸びる人も中にはいますが、ほとんどは思春期である13歳〜17歳頃にかけてぐんと身長が伸びることの方が多いはず。

 

これは先ほどもお伝えした通り、13歳〜17歳にかけてが「成長ホルモン分泌量が最も多い時期」であるからだとされています。

 

身長を伸ばすためには「甲状腺ホルモン」「性ホルモン」といったホルモンも重要になってきますが、その中でも成長ホルモンは「骨を伸ばすために最も大切なホルモン」と考えられています。

 

成長ホルモンは肝臓や骨に働きかけることにより「軟骨細胞を増殖させて骨を伸ばす」働きがあるのに加え、たんぱく質を合成する働きもあるため「骨を支える筋肉を作って身長が伸びやすい環境を整える」という働きも。

 

一般的には10歳前後〜17歳頃が最も身長が伸びる時期といわれていますが、大人になってからでも成長ホルモンの分泌を促進させれば身長を伸ばすことは可能といえるでしょう◎

 

バストアップ

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

ふっくらとした胸元…女性なら誰しも1度は「大きいバスト」「ハリのあるバスト」に憧れるものではないでしょうか?

 

成熟した女性の象徴ともいえる豊満なバストを形成するためにも成長ホルモンの十分な分泌が欠かせません。

 

しかし成長ホルモンの働きによってバストアップ効果が期待できる女性にはある共通点があるといいます。

 

それは「体内にラクトゲン受容体があるか否か」ということ。

 

ラクトゲン受容体は成長ホルモンと反応することで胸を大きくするという働きのあるものなのですが、このラクトゲン受容体は全ての女性に備わっているものではありません!

 

  • 10歳前後にできあがるひと
  • 20代や30代になってからできあがるひと
  • 一生できあがらない人

 

と、その差は個人によってかなりの開きがあるのも事実。

 

「成長ホルモンの働きによってバストアップした」という人は、ラクトゲン受容体がすでに体内でできあがっていたことが想定されます。

 

「成長ホルモンの受け皿」ともいえるラクトゲン受容体がなければ、いくらオルニチンの成長ホルモン分泌促進作用を駆使したとしてもバストアップへの道のりは厳しいでしょう。

 

しかし、もしもあなたの身体にラクトゲン受容体ができあがっていれば、成長ホルモンの分泌を促進させることでバストアップ効果が期待できます。

 

オルニチンを摂取して「バストアップした!」「バストにハリが出た!」という人の中では、オルニチン摂取を始めて2〜8週間くらいで胸の大きさに変化が表れたとの声が多く、しかも1度大きくなったバストは「成長ホルモン分泌が低下しても元に戻ることはない」みたいですよ!

 

自分の身体の中にラクトゲン受容体ができあがっているかどうかは、成長ホルモン分泌を促進させてしばらく様子を見てみないと分かりませんが…1度じっくり試してみる価値はありそうですね!

 

もし効果が表れなかった場合は「バストアップマッサージ」「大胸筋を鍛える」「補正下着を利用する」といった方法も試してみられると良いでしょう◎

 

筋力増強

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

オルニチンは「疲労を取りたい」「二日酔いを予防したい」という人に人気の成分ですが、実は「運動している人」「身体を鍛えている人」からも秘かに注目を集めているんです!

 

その理由は、成長ホルモンには「たんぱく質を合成する」という働きがあり、筋肉を作ったり増強してくれる効果が期待できるから。

 

オルニチンを積極的に摂取している人の中には、「少しのトレーニングでも筋肉が効率良く付く様になった」「なにもしていないのに筋肉質になった」なんて変化を実感している人がたくさんいらっしゃいます◎

 

また、成長ホルモンは「身体を形成している細胞の分裂・成長を促進させる」という役割も担っているため、加齢に伴う細胞の劣化を修復してくれやすくなると考えられていますよ!

 

ダイエット

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

成長ホルモンのすごいところは、身長を伸ばしたり筋肉を増強させるだけではありません!

 

なんと女性には嬉しい「ダイエット効果」まで期待できてしまうことが様々な実験結果からも浮き彫りになっています。

 

成長ホルモンの働きはこれまでにご紹介してきたものの他にも「血中や肝臓内の中性脂肪量を低下させる」「脂質の代謝を促進させる」ということも分かっているので、太り気味の方や内臓脂肪が付き始めている方・脂っこい食べものをよく食べる方にとっては体調を維持するためにも重要なホルモンです。

 

オルニチンはこの成長ホルモンを積極的に促進させてくれるため、肝機能のサポートといった目的だけではなくダイエットのためにも非常に有効な成分といえるでしょう。

 

肌の改善

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

「成長ホルモンで肌の改善ができるの?」と不思議に思った方も多いはず!

 

しかし、実際に成長ホルモンの分泌を促進させることで「肌荒れが治まった」「肌にハリが出てきた」という声が届いています。

 

これは成長ホルモンが「肌のターンオーバーを整える」という働きをしてくれているおかげといえるでしょう。

 

通常、肌のターンオーバーは28日周期で繰り返されているものですが「加齢」「ストレス」「肝機能低下」などによってその周期は狂ってしまいがちに…。

 

すると「吹き出物」「シミ」「シワ」などにつながり、肌質をどんどん悪化させてしまうとされています。

 

成長ホルモンが肌のターンオーバーを整えてくれることで「古い皮膚は剥がれ落ち、新しい皮膚が生み出される」という肌本来のサイクルに近づけ、肌質を改善してくれることにつながっていきます。

 

アンチエイジング

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

成長ホルモンは肌のターンオーバーを整え、肌本来のサイクルを保ってくれる働きがあるんでしたよね?

 

ということは、もちろん「アンチエイジング」にも効果が期待できるということ。

 

お肌の老化は「肌のターンオーバーが乱れること」でも加速されるため、まずは肌の周期をきっちり整えることが大切です。

 

その他にも、成長ホルモンは肌細胞に働きかけて「細胞の修復・活性化を促進する」という効果もあるため、お肌のハリやくすみを改善してアンチエイジング効果をもたらしてくれると考えられています。

 

オルニチン効果を出やすくするための摂取方法

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

成長ホルモンの分泌を促進させる効果が期待できるオルニチンですが、どの様に摂取すれば効率良くオルニチンパワーを感じられるのでしょうか?

 

ここではせっかく摂取するオルニチンを無駄にしないための豆知識や、オルニチンの効果的な摂取方法についてご紹介させていただきます。

 

サプリで効率良く摂取する

オルニチンを摂取するにあたってまず思い当たるのが「オルニチンを豊富に含んでいる食べものを食べる」ことではないでしょうか?

 

しじみや本しめじには豊富なオルニチンが含まれていることでも有名ですが、実は「食べものの中に含まれているオルニチン量では全然足りない!」というのが現実なんです。

 

オルニチンが豊富に含まれているしじみでさえ、1日の理想的な摂取量を取るためには「1日数百個」ものしじみを食べる必要があります。

 

オルニチンの効果を出やすくするためには「毎日決まった量のオルニチンを摂取すること」が大切だとされている中で、しじみや本しめじだけに頼ってオルニチンを摂取することはあまり現実的ではありません。

 

そこでおすすめなのが「オルニチン配合のサプリメント」です!

 

オルニチンサプリメントなら、1日数粒飲用するだけで成長ホルモンの分泌をしっかりと促進させられるだけのオルニチン量を摂取することが可能。

 

しかもオルニチン以外にも「コラーゲン」「ビタミン」といった成分が配合されているものも多く、オルニチン効果だけではなくその他の効果まで期待できてしまうという優れもの!

 

食べものからオルニチンを摂取することももちろん行ってもらいたいですが、オルニチンの効果を最速で実感したいのであればサプリメントを利用しない理由はないでしょう。

 

サプリの飲むタイミングを目的に合わせて工夫する

成長ホルモンを促進させるためにオルニチンサプリメントを摂取する場合、ぜひ「飲むタイミング」を目的に合わせて工夫してもらいたいと思います。

 

成長ホルモンは一般的に「22時〜翌2時」の4時間の間に最も多く分泌されるといわれているので、サプリメントを「就寝前」に飲用することで成長ホルモンのさらなる分泌促進効果が期待できます。

 

しかし成長ホルモンには「血糖値が高いときには分泌されにくい」という性質があるため、いくら就寝前の摂取がおすすめとはいっても「寝る前に夕食を食べる」という方には不向きといえます。

 

仕事の勤務体制や生活スタイルが夜型の方は「就寝前」のサプリメント摂取方法ではなく、血糖値が低い「朝食前」がおすすめですよ!

 

  • 成長ホルモン分泌促進→就寝前や空腹時
  • 筋肉増強→就寝前や運動前後

 

など、自分の体調やライフスタイル・オルニチンを摂取する目的に合わせて賢くサプリメントを飲用しましょう◎

 

成長ホルモンを効果的に促すサプリ!

 

オルニチンで成長ホルモン分泌促進!体はどう変化する?効果とは | オルニチン百科

 

いかがでしたでしょうか?

 

成長ホルモンは骨や筋肉の成長だけではなく、美容のためにも重要なホルモンということが理解してもらえたと思います。

 

オルニチンには高い成長ホルモン分泌促進作用が確認されているので、ぜひ食べものやサプリメントから積極的にオルニチンを摂取してみてくださいね!

 

きっと今まで感じたことのない「身体の底からみなぎるパワー」を体験してもらえるはずです。

 

 

>>おすすめオルニチンサプリはこちら!