オルニチン摂取量はどのくらいが理想? | オルニチン百科

MENU

オルニチン摂取量はどのくらいが理想?

オルニチン摂取量はどのくらいが理想? | オルニチン百科

 

肝臓の働きを助けることで有名なオルニチンですが、人間の体に適した量を知っていますか?
摂る前にあらかじめ把握しおかないと、オルニチンの力を感じるどころか、体調を崩してしまう可能性があります。

 

ここではオルニチンの具体的な目安量をお伝えします。

 

オルニチン摂取量!目安量は400〜1000mg!

 

オルニチン摂取量はどのくらいが理想? | オルニチン百科

 

オルニチンの理想的な摂取量は1日当たり「400〜1000mg」といわれていますが、それってどのくらいの量なのか分かりにくいですよね?

 

ここではイメージを付けやすくするため、オルニチン「500mg」に相当する食品の量を詳しくご紹介させていただきます。

 

しじみなどの食品に例えた場合

オルニチンを豊富に含む食材といえば…「しじみ」が真っ先に思い浮かぶという人が多いことでしょう。

 

それもそのはず、しじみは魚介類の中で断トツのオルニチン含有量を誇っていて、様々なサプリメントにもしじみエキスが使用されるほどなんです!

 

そんなオルニチンの宝庫であるしじみを、一体どのくらい食べればオルニチン量500gに達することができるのでしょうか?

 

しじみ100g(約35個分)に含まれているオルニチン量は約15mgなので、500gのオルニチンを摂取しようと思えば「しじみ約3kg」、なんと1000個以上ものしじみを毎日食べないといけない計算になってしまいます!

 

オルニチンの効果がどれだけ素晴らしくても、毎日1000個以上もしじみを食べ続けることが果たして可能かどうか…考えなくても分かりますよね。

 

また、本しめじという天然のきのこにはしじみを超えるオルニチン含有量が確認されています。

 

その量なんとしじみの約10倍、「100gあたり160mg」のオルニチンが含まれているというから驚きですよね!

 

500mgのオルニチンを摂取しようと思えば、1日あたり「約300g」の本しめじを食べれば良いのですからしじみよりよっぽど現実的です◎

 

しかし!この本しめじには決定的な難点がひとつ…それは「ほとんど市場に流通しない」ということ。

 

天然の本しめじは人工的に栽培できないため非常に希少性が高く、普通のスーパーなどにはまず並べられることはないそうです。

 

しじみをはるかに超えるオルニチンを含んでいるとはいっても、手に入れることができなければどうすることもできませんよね…。

 

運よく手に入れることができても、本しめじはその希少性の高さゆえ「高級きのこ」として価格がとても高くなってしまうというデメリットも発生。

 

  • 手に入れやすいしじみを毎日1000個以上食べ続ける
  • 高級本しめじをなんとかして見つける

 

食べものだけでオルニチンを取り入れたい場合、上記2つの選択肢が「最も効率良くオルニチンを摂取できる方法」といっても良いでしょう。

 

オルニチンサプリの場合

次はオルニチンが配合されたサプリメントを飲用した場合、何粒で「500mg」に達することができるかをお伝えしたいと思います。

 

現在、オルニチンサプリメントは様々な企業や製薬会社からも発売されているほど人気・需要共に高まっています。

 

各メーカーや会社によってもサプリメント1粒あたりに含まれるオルニチン量は異なってきますが、だいたい1粒200mg前後のオルニチンを配合している場合が多く、1日5粒程度飲むだけで十分なオルニチン量を摂取できますよ!

 

しかも、オルニチンサプリメントの凄いところは「手軽にオルニチンを摂取できる」というだけではなく「鉄分」「亜鉛」「ビタミン」などの栄養も一緒に摂取することができるところ◎

 

メーカーによって「コラーゲン×オルニチン」「鉄分×オルニチン」などといったバラエティ豊かなバリエーションが見られるため、自分の改善したい悩みに合わせて+αで配合されている成分をチョイスできるのが嬉しいところではないでしょうか。

 

オルニチンをしっかりと摂取しつつ、美容や健康にも効果が期待できる成分も入っているなんて…まさに「一石二鳥」とはこのことですね!

 

オルニチンを過剰摂取すると副作用?その真相とは

 

オルニチン摂取量はどのくらいが理想? | オルニチン百科

 

オルニチンを効率良く取り入れたいのであれば、食材だけの摂取に頼らずサプリメントを利用することがポイントでした。

 

サプリメントなら、食材だけでは補うことのできないオルニチンをいとも簡単に摂取することができちゃいますよね!

 

しかしそんなとき脳裏によぎることといえば…「副作用とかないのかな?」という心配ではないでしょうか?

 

そもそも食べものの中にあまり含まれていないオルニチンを、サプリメントから無理やり摂取してしまうと身体に悪影響を及ぼしてしまうのでは?と不安になってしまう方も少なくありません。

 

確かに食べものの中に含まれるオルニチン量は微量なので、サプリメントからたくさん取り入れてしてしまうことで過剰摂取となってしまう場合もある様です。

 

しかしオルニチンには「身体の中に留まらない」という遊離アミノ酸独特の性質があり、食べものから取り入れることができないくらいの大量のオルニチンを摂取しても重篤な副作用は発生しないものです。

 

実際に1日あたり2000〜4000mg程度のオルニチンを摂取しているなんて人も多く、しかもその人たちに副作用は発生していません。

 

例えオルニチンを過剰摂取してしまった場合でも、尿や汗と共に体外へ排出されることが「オルニチンは副作用が出にくい」といわれる理由なのかもしれませんね!

 

ただ!1日10g以上のオルニチンを摂取した人の中には「下痢」「胃痛」といった症状が発生した報告があることから、あまりにも過剰なオルニチン摂取は人体に少なからず影響を与えてしまうのは確かです。

 

  • 妊婦
  • 授乳中
  • アレルギー体質
  • 持病持ち
  • 薬を飲んでいる

 

などといった人は、オルニチンの過剰摂取によって消化器官系への刺激が予想されます。

 

体調に不安がある方は、オルニチンの過剰摂取に気を付けるだけではなく「オルニチンを使用しても良いのか?」を信頼できる医師に相談してみられることをおすすめしています◎

 

オルニチンサプリは摂取量だけでなく飲むタイミングも大切

 

オルニチン摂取量はどのくらいが理想? | オルニチン百科

 

オルニチンを効率良く摂取するためにはサプリメントの飲用が欠かせませんが、実はそれ以外にも「サプリメントを飲むタイミング」がオルニチンの効果を決定付けるといっても決して過言ではありません。

 

  • 疲労感を軽減する
  • 筋肉を増強させる
  • 身長を伸ばす
  • 美肌効果
  • アンチエイジング
  • ダイエット効果

 

など、オルニチンに期待できる効果は実に様々なものが確認されていますが、そのほとんどに共通していることが「成長ホルモンの分泌が促進されている」ということです。

 

成長ホルモンには「骨を成長させる」「筋肉を増強させる」といった効果の他にも、美容面や健康面に多大な影響を与えるホルモンです。

 

そしてこの成長ホルモンの分泌を促進させてくれるのがオルニチン!

 

加齢と共に低下していく成長ホルモンの分泌を促してくれるのがオルニチンの働きなので、成長ホルモンの分泌が盛んになるタイミングでオルニチンを摂取することが最も効果的といえるでしょう。

 

そのタイミングとは「就寝前」もしくは「空腹時」です。

 

成長ホルモンは夜寝ている間に多く分泌されるので、就寝前に成長ホルモン分泌促進効果のあるオルニチンを摂取することでさらに多くのホルモン分泌が期待できます◎

 

また成長ホルモンには「血糖値が低いとき(空腹時)に多く分泌される」という特徴があり、1日のうちで最も血糖値が低い「朝食前」にオルニチンサプリメントを飲むことで成長ホルモンの分泌を効率良く促進させることができるといえるでしょう。

 

しかしいくら「就寝前の摂取がおすすめ」とはいっても、寝る前に夕食を食べる習慣のある人は就寝時に血糖値が高くなってしまい、成長ホルモンの分泌を抑制してしまうのでおすすめできません。

 

遅くても18時には夕食を摂り、血糖値が下がり始める就寝前にサプリメントを飲むことが効率良く成長ホルモンの分泌を促進させるコツなので覚えておいてくださいね!

 

そして成長ホルモン分泌が盛んになる22時頃にはすでに眠りについている状態が理想的なので、遅くても21時半にはベッドに入って目を閉じる習慣を持ちたいものです。

 

オルニチンパワーを発揮するには摂取量に注意すべし!

 

オルニチン摂取量はどのくらいが理想? | オルニチン百科

 

オルニチンの素晴らしいパワーを最大限に発揮することができれば、きっとあなたのお悩みも解決へと導いてくれるはず!

 

そのためにもオルニチンの摂取量や飲むタイミングに注意して、正しくサプリメント生活を送っていくことが鍵となるでしょう。

 

 

>>おすすめオルニチンサプリはこちら!